SUSTAINABLE サスティナブルな取り組みについて

紙ストロー

プラスチックのストローは海の生態系への影響が懸念されています。

近年問題視されている海洋汚染の中でも、注目されているのが「マイクロプラスチック」と呼ばれる微小なプラスチックごみです。プラスチックはどれだけ小さくなっても自然界で分解されず、海洋生物が誤って飲み込んでしまうことで、海の生態系への影響が懸念されています。
 
現在、大手企業をはじめ、プラスチック製ストローなどをはじめとするプラスチック製品を減らす取り組みは言うまでもありません。
 
ホテル日航高知旭ロイヤルでは、年間約5,000本のプラスチック製ストローを使用しており、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の実現に向け、2019年9月より、プラスチック製ストローの廃止に着手し、プラスチック製ストローの全館完全廃止いたしました。