SUSTAINABLE サスティナブルな取り組みについて

フードエコ

食品廃棄・フードロスによって排出される温室効果ガスは約33億トンと言われています。

ホテル日航高知旭ロイヤルではホテル業界にかかわるものとして現在の社会問題である「食品ロス問題」を事業所から減らし、より良い社会環境づくりを目的とした「フードエコプロジェクトキャンペーン」に取り組んでいます。この企画は現在、環境問題にもなっている世界で生産される食料のうち、3分の1が廃棄され、それによる食品廃棄・フードロスによって排出される温室効果ガスは約33億トンと言われています。

日本では平成28年度に、約643万トンの食品ロス(事業者から約352万トン、家庭から約291万トン)が発生したと推計され、近年は食品ロスが社会問題となっていることを危惧し、私たちに出来る事を考えてスタートさせたプロモーションです。

県民一人ひとりが環境問題への関心を持ち、食品ロスをなくす取り組みのきっかけにつながればと考えております。